ABOUT

P3110378.JPG

"MINEZO SPORTS SHOES"は、現在のスニーカーの起源である、100年~50年ほど前に作られた「ビンテージアスレチックシューズ(初期の運動靴)」のデザインをもとに、最高級紳士靴の製法であるハンドソーンウェルテッド製法(底付けのみマシンステッチ、九部仕立て)で仕立てるオーダーシューズブランドです。

​LAST

last.jpg

LAST(木型)

往年のアメリカンビンテージシューズにみられた、土踏まずから踵にかけての包み込まれるようなフィット感を再現し、革靴を履く上での本来の魅力を追求しました。また、革靴のデメリットとして挙げられる、長時間着用した時の足先の痛みは、木型の形をアスレティックシューズ由来のオブリークトゥにすることにより軽減し、今までの革靴にはない快適な履き心地と独創的なフォルムを生み出しています。

DESIGN

upper_design.JPG

DESIGN (アッパーデザイン)

初期のアスレティックシューズは、製法や素材が発達しておらず、それまで用いられてきた革靴の製法を転用する形で作られてきました。その頃生まれたデザインは、まさに機能のみを追求した根源的なデザインといえます。そんなスポーツの為に生み出された独特なパターンの数々を元に、 無駄を削ぎ落としたラインを構成。アッパーの縫製には、伝統の中で培われ受け継がれてきた高度な技巧を落とし込んでおり、ディテールの精緻さによって、スポーツシューズ由来のデザインながら、ドレスシューズ然とした顔に昇華しています。

LASTING & BOTTOMING

lasting_bottoming.JPG

LASTING & BOTTOMING

(吊り込みと底付け)

“スポーツシューズ”の名に恥じぬよう、しなやかで返りの良いハンドソーンウェルテッド製法を採用しています。また、通常はアッパーの外側に張り出すコバ位置を中底設計から見直すことにより極力抑え、力強くもドレッシーで尚且つ現代的な仕上がりにしています。さらに、それぞれのモデルの特徴に合わせたハーフラバーを標準で装備し機能性も付与しています。