DESIGN

Cyclistweb.jpg

Model 01 : CYCLIST

19世紀中頃、サイクリングの人気により軽量なサイクリングシューズの需要が高まった。現在のサイクリングシューズの原型が誕生したと考えられるのもこの頃であり、レースステイがつま先まで流線的につながり補強を兼ねる独特の美しいデザインが特徴的である。従来の紳士靴に比べ格段に足にフィットしやすいこのデザインは、後に他の競技の靴にも転用されることになる。

また、本格的な自転車レースが始まったのは1890年代頃。競技用としてのロードバイクの原型が完成したのは1900年代であり、それとともにペダルに足を固定することによって速度をあげる発想が生まれた。ペダリング動作によるアッパー前足部への負担を減らすための補強と、クリップ・アンド・ストラップ(古くからあるシューズとペダルの固定方法の一つ)に足を出し入れしやすく、サイクリングシューズとして理にかなっていた為、合成皮革をはじめとするさまざまな新素材による置き換えが進むまでこのデザインは長く採用されてきたと考えられる。

Model 01 :  CICLIST は、この往年のサイクリングシューズの特徴的なデザインをベースに、ハンドソーンウェルト製法、ヒドゥンチャネル、カールエッジなどの高度な意匠で組み立てている。
 

 
 
Runnerweb.jpg

Model 02 : RUNNER

現在知られるマラソン競技は1896年の近代オリンピック誕生とともに生まれた。しかし1970年代に入り衝撃吸収性に優れた新素材が開発されシューズに用いられるまで、ランニングを行うことは長い間一般的な事ではなかった。1977年に出版され大ヒットした、ランニング理論を説いた本「The Complete Book of Runinng」により出版地のアメリカのみならず世界中にランニングブームが広がっていく事になる。
センターとサイドの補強テープの組み合わせはランニングシューズおよびトラックシューズなどの“走るため”の靴で長い間定番的に使用されてきた殿堂のデザインだ。現在ではブランド表現の為のデザインの一部と認識されているサイドライン(アディダスのスリーストライプスやアシックスのメキシコラインなど)は、元はアッパーに高い負荷がかかる部分の補強として縫い付けられたテープが派生したデザインである。

Model 02 : RUNNER は、この往年のランニングシューズのデザインをベースにしながらも、シームレスバックの採用やドレスシューズに用いられる高度な意匠で組み立てることにより、今までになかった一足に仕上げた。

 
sprinterweb.jpg

​Model 03 : SPRINTER

19世紀中頃には、一般的な内羽のデザインに補強の革テープとスパイクを付けた走る為の靴が誕生していたが、現在に繋がると言う意味では、走ることに特化した最初の靴は、1895年にリーボック社の前身となるイングランドのJ.W.フォスター&サンズ社が作成したスパイクシューズと言えるだろう。その後アディダス・プーマを創業したダスラー兄弟などが、種目に応じてさまざまな靴を作成。素材開発を進めさらに高いレベルのアスレティックシューズを作り上げた。

SPRINTERのデザインは、黎明期のトラックシューズの中でも、J.W.フォスター&サンズ社が初期に作成していたつま先にシームを持たないホールカット構造を採用。さらに、高負荷がかかる部位への伸び止の意匠である、アッパー内部にテープを縫い付けた時に見られるステッチも再現した。シンプルな一枚革構造のアッパーを横断するステッチラインは、ヴィンテージアスレティックシューズのデザインの魅力を十分に味わう事ができる。

 

 Model 03 : SPRINTER は、この往年のトラックシューズのデザインをベースに、ハンドソーンウェルト製法、ヒドゥンチャネル、カールエッジなどの高度な意匠で組み立てている。